幼稚園のご案内
園長挨拶
園長 幼稚園の周りには自然がいっぱい。はピンクの桜や桃・真っ白な雪柳や木蓮(もくれん)、黄色の連翹(れんぎょう)など色とりどりの花で彩られます。は紫陽花(あじさい)・ひまわり・さるすべりが咲きそろい、ラズベリーがかわいい実を付けます。は紅葉、特にイチョウの木の葉っぱは金色に色づいて青空とのコントラストが絶妙で、幼稚園のシンボルツリーにもなっています。はや山茶花(さざんか)の真っ赤な花が白い雪の中でひときわ鮮やかです。一年中豊かな自然に包まれ、そのパワーを子どもたちにも十分に感じてもらいたいと思います。
 三雲幼稚園は昭和61年に開園し今年32年目を迎えました。これまでに2391名の子どもたちが卒園し、地域で活躍してくれています。この30数年の間に私たちの生活様式が大きく変わりました。電化製品の進歩、パソコンやスマホの普及により便利で快適になりましたが、生活経験の質が変わり、子どもたちの体や心の成長に変化がみられます。体格は良くなっているのに、運動能力は低下し、パソコンやゲーム機の操作は得意だけれど、人と話すことは苦手でコミュニケーションがうまく取れない等、社会問題にもなっています。
 幼稚園は学校教育の始まりです。園児にとっては「遊び」が学習の基本。さまざまな遊びや集団での活動経験を通して体力をつけ、できる喜びを知り、ルールを覚え、危険に気づき、コミュニケーションのとり方を身につけていきます。時には失敗したり、悲しい思いも経験します。それらすべてが学びです。私たち教職員は、子どもたち一人ひとりの違いや良さを認めながら、その子らしさが発揮できるよう働きかける存在でありたいと思います。本園が掲げる教育目標『瞳(ひとみ)輝き、心豊かでひとり立ちできる子に育てる』が達成できるよう、ご家庭との連携を大切にしながら力を合わせてまいります。
三雲幼稚園 園長
稲塚 里子
教育目標
瞳輝き、心豊かでひとり立ちできる子どもに育てる
めざす子ども像1.たくましい子ども(心も体も健康でいきいきと活動し、最後までやりぬく子ども)2.よく考える子ども(自分の力で考え発見し、創り出す意欲を持つ子ども)3.心豊かな子ども(感動する心をもち、素直で思いやりのある子ども)
教育内容
本園では、文部科学省告示の幼稚園教育要領に定められた5領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の内容の活動を、総合的に指導します。
さらに、上記の内容に併せ、教育課程内において「特色ある指導」を行います。特に音楽リズム・体育・わくわく英語は、専任講師を招き、教職員と一体になって指導します。

特色ある指導

《音楽リズム》
  全身で音楽を感じたり、表現したりする活動を通して、豊かな感性を養います。
《体育》
  動きのレパートリーを広げ、運動遊びが好きになり、健全な心身の基礎を養います。
《わくわく英語》
  英語遊びを通して異文化にふれ、ことばへの興味関心を深め、言語能力を豊かにします。
《造形あそび》
  イメージを膨らませ、自分の思いを意欲的に表現し創造性を豊かにします。

教育年限

教育年限は1年、2年、および3年とします。

学期

1年を次の3学期に分けます。
第1学期  4月1日~7月31日まで
第2学期  8月1日~12月31日まで
第3学期  1月1日~3月31日まで

教育時間

教育時間は、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後2時までとします。
ただし、行事等により時間を変更することがあります。

休業日

① 土曜日・日曜日および国民の祝日に関する法律に規定する休日
② 学年始休業 4月1日~4月8日まで
③ 夏季休業 7月21日~8月31日まで
④ 冬季休業 12月24日~翌年1月6日まで
⑤ 学年末休業 3月25日~3月31日まで
⑥ その他非常災害時や教育・保育上特別の事情がある時は、臨時休業します。
ページトップへ